本文へスキップ

一般社団法人 アジア調査会 The Asian Affairs Research Council

アジア時報

アジア時報とは

1970年(昭和45年)に「アジ調月報」の名で創刊。1974年(同49年)に「アジア時報」に改題、今日に至っています。講演会の内容やアジア研究委員会の報告・討議を全文詳報するほか、時評、論文、シンポジウム、毎日新聞特派員のコラムなど、他誌にないユニークな時論中心の雑誌となっています。「世界・アジア・日本 著者インタビュー」などインタビューものも評判を呼んでいます。2014年10月号で500号を迎えました。

定期購読のご案内

講演会とシンポジウム、アジア研究委員会の模様は、アジア調査会が年に10回発行している「アジア時報」に掲載されています。

「アジア時報」は1冊556円(消費税込み600円)、送料1冊あたり100円です。また、1年間(10回。1-2月・7-8月は合併号)の定期購読料は7,000円(送料込み)です。

購読のお申込みは 電話:03-3213-2697、FAX:03-3214-5975 またはEメール (アドレス:ajicho@aarc.or.jp) にて

なお、バックナンバーのご注文も承っております。

2019年

アジア時報 2019年1-2月合併号(通巻543号) 目次

激動の世界を読む 日本とインドネシア 先進・途上国の構図変化
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 白石 隆
寄稿 「移行期の正義」が映し出す台湾人の意識変化
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 近藤伸二
■連載 「灰色の領域」第5回 山田久就・元外務事務次官(上)
    ~米国の核の傘と非核三原則の交差点
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中島琢磨
■アジア・太平洋賞表彰式

定点観測 「米中ハイテク戦争」の幕開け
    米政府VSファーウェイの深層

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 及川正也
■連載 中華歎異抄90
    迷走を始めた中国の「改革開放政策」
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 辻 康吾
■チャイナ・ブリーフ
    改革・開放40年で垣間見えた習体制の動揺
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 坂東賢治
■資中筠論評集
    「帯の飾り一つ盗ったものは処刑され、
                   国を盗ったものは爵位を得る」
    学術界の腐敗について(上)
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 資 中筠

■毎日新聞特派員の目

■中国観察
    米中新冷戦で浮上した量子コンピューター覇権
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子秀敏
■アジ調だより