本文へスキップ

一般社団法人 アジア調査会 The Asian Affairs Research Council

アジア時報

アジア時報とは

1970年(昭和45年)に「アジ調月報」の名で創刊。1974年(同49年)に「アジア時報」に改題、今日に至っています。講演会の内容を全文詳報するほか、時評、論文、シンポジウム、毎日新聞特派員のコラムなど、他誌にないユニークな時論中心の雑誌となっています。「世界・アジア・日本 著者インタビュー」などインタビューものも評判を呼んでいます。2019年10月号で550号を迎えました。

定期購読のご案内

講演会とシンポジウムの模様は、アジア調査会が年に10回発行している「アジア時報」に掲載されています。

「アジア時報」は1冊556円(消費税込み610円)、送料1冊あたり100円です。また、1年間(10回。1-2月・7-8月は合併号)の定期購読料は7,100円(送料込み)です。

購読のお申込みは 電話:03-3213-2697、FAX:03-3214-5975 またはEメール (アドレス:ajicho@aarc.or.jp) にて

なお、バックナンバーのご注文も承っております。

2020年

アジア時報 2020年1-2月合併号(通巻553号) 目次

激動の世界を読む 経済減速の中国 対日政策の細部にも目を
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高原明生
■アジア調査会講演会
    米中対立の中の日中関係
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エズラ ・F・ ヴォーゲル
■連載 「灰色の領域」第14回 伊藤昌哉・元池田勇人首相秘書官
    ~米国の核の傘と非核三原則の交差点
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中島琢磨
■インタビュー 日韓関係、どこで間違った?
    小此木政夫・慶応大学名誉教授に聞く 判断ミスの連鎖で袋小路
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 國枝すみれ
定点観測 史上3人目の大統領弾劾 異例のスピード訴追
    大統領選への思惑交錯

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 及川正也
■連載 中華歎異抄100
    過去から考える中国の現在と未来(下)
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 辻 康吾
■チャイナ・ブリーフ
    「1国2制度」の優等生マカオと中国の思惑
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 坂東賢治

■毎日新聞特派員の目
    北京(赤間清広)、上海(工藤哲)、台北(福岡静哉)、
    ソウル(渋江千春)、バンコク(高木香奈)
    ジャカルタ(武内彩)、ニューデリー(松井聡)
    ワシントン(古本陽荘)、ロサンゼルス(福永方人)
    ロンドン(服部正法)、モスクワ(大前仁)

■中国観察
    「穏」を求める経済工作会議を取り巻く「不穏」
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子秀敏
■アジ調だより