本文へスキップ

一般社団法人 アジア調査会 The Asian Affairs Research Council

アジア・太平洋賞

若手研究者の登竜門 合計126人が受賞

アジア調査会創立25周年記念で1989年(平成元年)に創設しました。毎日新聞社とアジア調査会が共同で主催し、アジア・太平洋の政治、経済、外交、文化などについて優れた著書を発表した研究者や実践者に贈られます。スルガ銀行が特別協賛、日本生命と三菱商事が協賛、全日空が協力してくれています。第28回までの受賞者は合計126人に達しています。

第28回アジア・太平洋賞

「第28回アジア・太平洋賞」表彰式を開催

 アジア・太平洋地域に関する優れた出版物の著者に贈られる「第28回アジア・太平洋賞」(主催・毎日新聞社、アジア調査会、後援・外務省、文部科学省、経済産業省、特別協賛・スルガ銀行、協賛・日本生命、三菱商事、協力・全日本空輸)の表彰式は2016年11月9日、東京都千代田区、パレスサイドビルの「レストラン・アラスカ」で行われました。
 表彰式には特別賞に輝いた上村泰裕さん(名古屋大学大学院環境学研究科准教授)ら受賞者や招待者、特別協賛、協賛各社など約130人が参加。五百旗頭真・アジア調査会長からそれぞれ賞金30万円と記念の盾が手渡されました。(写真は荒牧万佐行氏)
ここから選考委員による受賞作の講評と受賞者の談話がご覧になれます。

  • 挨拶する五百旗頭真アジア調査会長
  • 前列左から上村泰裕さん、鈴木真弥さん、堀田江理さん、加藤千景さん(加藤弘之さん代理)。後列左から判治孝之・三菱商事広報部長▽田中明彦・東京大学東洋文化研究所教授▽鬼頭誠司・日本生命取締役常務執行役員▽殿元清司・全日本空輸取締役専務執行役員▽米山明広・スルガ銀行代表取締役社長▽朝比奈豊・毎日新聞社代表取締役会長▽五百旗頭真・アジア調査会会長▽高原明生・東京大学大学院法学政治学研究科教授▽丸山昌宏・毎日新聞社代表取締役社長▽小松浩・毎日新聞社主筆

第28回アジア・太平洋賞

「第28回アジア・太平洋賞」決定

第28回アジア・太平洋賞(主催:毎日新聞社、アジア調査会)は、このほど開かれた選考委員会で、特別賞4点が次の通り決まりました。なお、大賞の該当著書はありませんでした。

<大 賞> 記念の盾と賞金200万円
        副賞 全日本空輸(ANA)国際線航空券
        該当作なし

<特別賞>記念の盾と賞金各30万円

■『福祉のアジア 国際比較から政策構想へ』(名古屋大学出版会)
 名古屋大学大学院環境学研究科准教授 上村 泰裕(かみむら・やすひろ) 

■『現代インドのカーストと不可触民 都市下層民のエスノグラフィー』 (慶應義塾大学出版会)
 人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター研究員 鈴木 真弥(すずき・まや)

■『1941 決意なき開戦 現代日本の起源』(人文書院)
 元オックスフォード大学リサーチ・フェロー 堀田 江理(ほった・えり)

■『中国経済学入門』(名古屋大学出版会)
 神戸大学大学院経済学研究科教授 加藤 弘之(かとう・ひろゆき)

 アジア・太平洋賞の審査員は次の各氏です

  五百旗頭真・アジア調査会長(選考委員長)
  田中 明彦・東京大学東洋文化研究所所長
  白石  隆・政策研究大学院大学学長
  高原 明生・東京大学大学院法学政治学研究科教授
  小松  浩・毎日新聞社主筆

 主催ならびに特別協賛、協賛、協力社は次の通りです

  主  催  毎日新聞社、(社)アジア調査会
  後  援  外務省、文部科学省、経済産業省
  特別協賛 スルガ銀行
  協  賛  日本生命、三菱商事
  協  力  全日本空輸(ANA)

(注)「アジア・太平洋賞」は、過去1年間(2015年7月1日~2016年7月上旬)に発刊されたアジア・太平洋地域に関する優れた本を著した研究者、実践者に対して贈られます。表彰式は11月9日(水)午後5時、東京都千代田区一ツ橋、パレスサイドビルディング9Fの「レストラン・アラスカ」で行われます。

  • キャプション
  • キャプション

アジア太平洋賞 協賛企業

<特別協賛> スルガ銀行
<協賛> 日本生命
<協賛> 三菱商事
<協力> 全日本空輸(ANA)