本文へスキップ

一般社団法人 アジア調査会 The Asian Affairs Research Council

アジア・太平洋賞

若手研究者の登竜門 合計137人が受賞

アジア調査会創立25周年記念で1989年(平成元年)に創設しました。毎日新聞社とアジア調査会が共催し、アジア・太平洋の政治、経済、外交、社会、文化などについて優れた著書を発表した研究者や実践者に贈られます。外務省、文部科学省、経済産業省の後援、▽大正製薬▽日本生命▽クリプトン▽久永アンドカンパニー▽公益財団渋沢栄一記念財団▽一般財団法人MRAハウス▽三輝工業(大阪)の7企業・団体の協賛、全日空(ANA)の協力をいただいています。第31回までの受賞者は合計137人に達しています。

第32回アジア・太平洋賞

「第32回アジア・太平洋賞」表彰式

アジア・太平洋地域に関する優れた出版物の著者に贈られる「第32回アジア・太平洋賞」(主催・毎日新聞社、アジア調査会、後援・外務省、文部科学省、経済産業省、協賛・大正製薬、日本生命、クリプトン、久永アンドカンパニー、渋沢栄一記念財団、MRAハウス、三輝工業=大阪)の表彰式が11月17日午後2時、東京都千代田区のKKRホテル東京で開催されました。
 今回の大賞には、中国の農村に入り、等身大の姿を描いた東京大学大学院総合文化研究科准教授、田原史起氏の『草の根の中国 村落ガバナンスと資源循環』(東京大学出版会)が選ばれ、五百旗頭真アジア調査会長から記念の盾と賞金200万円が贈られました。
 また、特別賞に選ばれた▽東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授、小笠原欣幸氏=『台湾総統選挙』(晃洋書房)▽国際協力事業団国際協力専門員、谷口美代子氏=『平和構築を支援する ミンダナオ紛争と和平への道』(名古屋大学出版会)▽関西大学経済学部教授、後藤健太氏=『アジア経済とは何か 躍進のダイナミズムと日本の活路』(中公新書)――に記念の盾と賞金30万円が贈られました。
 このほか、受賞作を出版した4出版社に対し、記念の盾が贈られました。
 五百旗頭会長のあいさつ、表彰式に続き受賞者スピーチが行われ、大賞を受賞した田原氏ら4氏が受賞作執筆の目的や経緯、フィールド・ワークの苦労などについて話しました。続いて、協賛社の上原明・大正製薬ホールディングス代表取締役社長▽朝日智司・日本生命取締役常務執行役員▽塩村仁・久永アンドカンパニー代表取締役社長▽樺山紘一・公益財団法人渋沢栄一記念財団理事長▽毛原清・一般財団法人MRAハウス理事▽濱田誠剛・三輝工業(大阪)代表取締役――の6氏があいさつし受賞者にお祝いの言葉などを述べました。
 大賞、特別賞計4作品は昨年7月から1年間に日本語で出版されたアジア・太平洋地域の政治、経済、社会、文化などに関する96点の応募作品から選ばれました。アジア・太平洋賞は1989年、社団法人アジア調査会(毎日新聞社内)の創立25周年を記念し創設されました。

  • 挨拶をする五百旗頭真・アジア調査会長
  • 大賞・田原史起 東京大学准教授
  • 特別賞・小笠原欣幸 東京外国語大学教授
  • 特別賞・谷口美代子 国際協力機構専門員
  • 特別賞・後藤健太 関西大学教授
  • キャプション
  • 前列左から、谷口美代子氏、田原史起氏、小笠原欣幸氏、後藤健太氏。中列左から、▽樺山紘一・公益財団法人渋沢栄一記念財団理事長▽朝比奈豊・毎日新聞社相談役▽丸山昌宏・毎日新聞社代表取締役社長▽五百旗頭真・アジア調査会長(一人おいて)▽朝日智司・日本生命保険相互会社取締役常務執行役員。後列左から、▽毛原清・一般財団法人MRAハウス理事▽濱口博史・一般社団法人MRAハウス理事長▽濱田誠剛・三輝工業代表取締役▽濱田正久・クリプトンの代表取締役▽塩村仁・久永アンドカンパニー代表取締役社長

「第32回アジア・太平洋賞」決定
大賞に田原史起氏
特別賞に小笠原欣幸氏、谷口美代子氏、後藤健太氏

第32回アジア・太平洋賞は、このほど開かれた選考委員会で大賞1点、特別賞3点が決まりました。

【大賞】記念の盾と賞金200万円
■田原 史起(たはら・ふみき)氏(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
『草の根の中国 村落ガバナンスと資源循環』(東京大学出版会)

【特別賞】記念の盾と賞金各30万円
■小笠原 欣幸(おがさわら・よしゆき)氏(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)
『台湾総統選挙』(晃洋書房)

■谷口 美代子(たにぐち・みよこ)氏(独立行政法人 国際協力機構〔JICA〕国際協力専門員〔平和構築〕)

『平和構築を支援する ミンダナオ紛争と和平への道』(名古屋大学出版会)
■後藤 健太(ごとう・けんた)氏(関西大学経済学部教授、一般財団法人アジア太平洋研究所〔APIR〕主席研究員)
『アジア経済とは何か 躍進のダイナミズムと日本の活路』(中公新書)

*このほか、受賞作の出版社には記念の盾が贈られます。

アジア・太平洋賞の選考委員は次の各氏です。 
五百旗頭真・アジア調査会長(選考委員長)/田中明彦・政策研究大学院大学長/白石隆・熊本県立大学理事長/高原明生・東京大学公共政策大学院教授/小松浩・毎日新聞社主筆

主催  毎日新聞社、一般社団法人アジア調査会
後援 外務省、文部科学省、経済産業省
協賛 大正製薬
   日本生命
   クリプトン
   久永アンドカンパニー
   公益財団法人 渋沢栄一記念財団
   一般財団法人 MRAハウス
   三輝工業(大阪)

(注)「アジア・太平洋賞」は、過去1年間(2019年7月1日~2020年7月上旬)に日本語で発刊されたアジア・太平洋地域に関する優れた本を著した研究者、実践者、ジャーナリストらに贈られます。

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

「第32回アジア・太平洋賞」推薦図書を募集

 第32回アジア・太平洋賞の推薦図書を募ります。自薦・他薦を問いません。
 <賞>大賞1点=賞金200万円と記念の盾▽特別賞3点=賞金30万円と記念の盾▽受賞図書の出版社に記念の盾
主催 毎日新聞社、アジア調査会
後援 外務省、文部科学省、経済産業省
協賛 大正製薬、日本生命、クリプトン、久永アンドカンパニー、渋沢栄一記念財団、MRAハウス、三輝工業(大阪)
 <対象>
 過去1年間(2019年7月1日から今年7月中旬)に日本国内外で発刊された研究者、実践者らによるアジア・太平洋地域の政治、経済、社会、文化などに関する日本語の著書。著者の年齢、国籍は問いません。
 <応募先>
 著作1冊を〒100―8051東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞社内、一般社団法人アジア調査会へお送りください。締め切りは7月27日。
 <選考委員>
 五百旗頭真・アジア調査会長=選考委員長、田中明彦・政策研究大学院大学長、白石隆・熊本県立大学理事長、高原明生・東京大学公共政策大学院教授、小松浩・毎日新聞社主筆
 <発表>10月中旬、毎日新聞、アジア時報などで

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

アジア太平洋賞 協賛企業

<協賛>  大正製薬株式会社 
<協賛>  日本生命保険相互会社 
<協賛>  株式会社クリプトン 
<協賛>  公益財団法人渋沢栄一記念財団 
一般財団法人MRAハウス <協賛>  一般財団法人MRAハウス 
<協賛>  三輝工業株式会社(大阪)
<協力>  全日本空輸(ANA)株式会社